トイレの水漏れが酷い時はタンクなどの設備交換を

トイレの破損状況によっては修理が難しくトイレの交換が必要になる場合があります。水漏れが頻発するような場合はどこから水漏れしているか確認し劣化が酷く、修理では改善されないと判断される場合は器具の交換を検討しましょう。
破損状況が酷い時には業者への相談の上、破損状況酷い箇所の交換を行います。便器、タンクも場合によっては修理より交換をすることでしか改善されないことも考えられます。フルリフォームで全て新しい設備に変えてトイレを快適な空間にするのも一つの方法です。

■タンクの破損

タンクは水を一定量流すために貯水する設備です。平時の掃除、メンテナンスでボールタップやゴムフロートといった摩耗品はホームセンターなどで市販されている部品で交換が可能です。
しかし、タンク自体に亀裂が入ったりタンクと壁、給水管を繋ぐ排水管の劣化などの場合は素人では修繕は難しく業者に依頼するしか方法がありません。最終的にはタンク自体の交換が必要になります。タンク交換費用も施工の方法も業者によって差が生じますので十分に検討しましょう。経年劣化は普通に使用していても耐用年数を超えると発生してしまうものです。修理履歴等を確認し一定年数経過している場合は故障していなくてもいつ何時、故障して交換しなくてはならない時が来るかもしれませんので考えておきましょう。

■トイレ自体の破損

トイレも寿命があります。耐用年数は使用頻度、使用方法等によっても変化しますが15年程度が一定の目安と言えます。亀裂が入っていたり、床との接地面から微量の水漏れが起こっている場合等は注意が必要です。日頃の掃除の時に確認をしましょう。
近年、トイレも様々な形態があります。バリアフリー設計を考慮したオストメイト使用になっているものを自宅に設置する方も増えてきています。生活の質を向上させるような様式のトイレも近年では当たり前になってきておりタンク内蔵型のトイレもあります。手入れや掃除も楽に出来る設計のものが一般化されてきており耐用年数も向上してきています。

■まとめ
耐用年数経過後はどのような不具合が起こるやもしれません。平時にカタログなどでリフォームを含めた補修を考えておきましょう。業者選びと同様にトイレ自体もライフスタイルに応じたものにしてみましょう。
水回りは生活には切っても切り離せない重要なインフラです。故障などが発生すると生活が出来なくなります。水漏れなどの発生時は慌てずに直ぐに業者に連絡を取れる体制にしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ